ヒルバーグ(Hilleberg)20XPをカッターナイフで切ってしまった

この記事に関連するタグ

色と大きさが気に入って、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ったヒルバーグ(Hilleberg)20XPを切りました。

購入してから大切に使っていたヒルバーグ(Hilleberg)20XPを切りました。切った瞬間、毛穴という毛穴から冷汗がでました。

切った場所を直るかもと思ってナデナデしました(まぁ~直りませんわな)。

どうしようかと思いました。捨てるかと思いました。買いなおそう…。

でも、そんな金ありません。どこから出てくるか。小遣いです。小遣い減らしたくありません。

そもそもヒルバーグ(Hilleberg)20XPを切ったきっけ

どうでもいい話ですが、去年末に引越しをしました。段ボールにタープを詰め込みました。荷物が多く荷ほどきに時間がかかりました。

イライラしてました。段ボールの横に何が入っているか書いてあるのに確認しないでカッターでガムテープを切りました。

深くまで刃を入れて切りました。そこでやっちゃいました。今思い出しても悔やまれます…。

切れたのは2カ所

ヒルバーグ(Hilleberg)のタープには袋はありません。いや、実際はあるのですが本体と袋、別々に存在するのではなく、本体に袋がくっついている感じです。

なので、袋を切っても本体を切ったことになります。文字にすると難しい…。とにかく1枚貫通して下の生地もきれました。

HILLEBERG  TARP20XP

切ったのは冬

12月に切ったので近々では使わないだろうと思い、心の隅にしまっておきました。段々と暖かくなってきて、そろそろどうするか考えはじめ、とりあえず記事にしようと思い、今書いています。

時間も経ち、切った箇所を改めてみてみると思ったほど切れていない。

もっとザーーーーーックリ切ったと思っていたので、ちょっと安心しました。捨てるのはもったいないし(と、言うか金がないので、買えない…)、直すことにしました。

次ページ:タープを意を決して広げてみたよ

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »