MANASLU(マナスル)なら完ソロでも怖くなんかない!心強い爆音バーナー・マナスル121

しゅん坊(代表)

この記事に関連するタグ

登山家の植村直巳さんも愛用してたと言われているMANASLU(マナスル)。国産のしっかりした作りのケロシンストーブです。

古いモデルはプレ値がついてたりしますが、私の持っているのは2013年にMANASLU(マナスル)ヒーターが復活したと同時購入したモデルになります。

しかしながら、ブラスの輝きは昔も今も変わっていません。

 

早速ですが、個人的感想ですよ。ホント個人的感想ですよ。

“所有欲を満たすバーナーであって実用性はないです”

このご時世、何を言われるか分からないので念をおしますね。「あくまでも個人的感想」ですよ。

 

なぜなら、点火までに手間かかるし、火力弱いし。五徳3本で鍋が不安定だし。

夜釣りや、冬キャンプの早朝、寒くて寒くてすぐにでも温かい飲み物欲しく湯沸かす際、いちいちプレヒートしてポンピングして、なんてやってられないです。手がかじかんで思うように動きませんし…。ガスバーナーなら五徳を広げて栓を捻れば火が付く。手軽さなら文明の利器に勝るものはないでしょう。

だがしかし!!ゆっくりとした時間を楽しむソロキャンプの時にはマナスル121を持って行ってます。

点火までの手間、耳障りな音、お湯が沸くまでに時間のかかるところや、手が灯油臭くなるところ。そんなデメリットが全て気にならなくなります。一人の夜、シュゴォーーーォって音は安心感を与えてくれます。

また、ヒーターを載せれば暖房器具になるにもなる。買ってよかったと思います。

マナスル121

ピィカピィカ~(๑◕ܫ◕๑)

マナスル121は燃焼時間2.5時間で1泊キャンプには十分

マナスル121

持っているのはマナスル121でタンク容量0.4リットル。公称で2.5時間燃焼することができます。弱火でコトコトやるなら4時間くらい持つと思います。
その他にマナスル96(タンク容量0.2リットル、燃焼時間1.5時間)、マナスル126(タンク容量0.8リットル、燃焼時間は5時間)がラインナップされています。
燃料は灯油を使います。安い!!灯油は引火点が高いのでガソリンより安全ですが、そのぶん火をつけるのに手間が掛かります。でも、安い!!

次ページ:儀式だよ

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP