下処理で時短!絶景の中で食べる簡単キーマカレー-そとごはん-

チャウスドア

自宅で下処理をして行くので、現地での調理がとても簡単なキーマカレーです。調理時間はたった10分!キャンプ場でも山でも海でもどこでも簡単に作ることができますよ。

用意するもの

材料(2人分)

無洗米1合

お好きなカレールー2切

にんじん1/2本

なす1本

玉ねぎ1/2個

合挽肉200グラム

温泉卵2個、パセリ(あれば)

使用したキャンプギア

メスティン

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

1,760円(11/12 23:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

エスビット風ポケットストーブ

スノーピーク パーソナルクッカー NO.3

Snow Peak 調理器具 Personal Cooker No III グレー

Snow Peak 調理器具 Personal Cooker No III グレー

6,350円(11/12 22:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

SOTO レギュレーターストーブST-310

調理時間

10分(下処理・炊飯時間含まず)

おすすめポイント(コツ)

私は登山で山飯を作るときは、出発前にメスティン炊飯→保温状態で登山することが多いですが、そうすることで更に調理時間の短縮が可能です!
また、温泉卵やパセリをトッピングすることで、一気に見た目もよくなります。

作り方

まずは自宅での調理。材料です。

野菜をみじん切りにします。粗みじんにすることで程よい食感が残ります。

野菜と挽肉を炒めましょう。

炒めたら、少し冷ましてラップに包んで冷凍します。

カチカチに凍らせた状態で、登山やキャンプに出発!

メスティンで米を炊きます。1合につき200mLの水を使います。メスティンの中の〇印(リベット)の半分までがちょうど200mLです。30分ほど水に浸し、固形燃料でほったらかし炊飯。

火が消えたらタオルで包んで保温しておきましょう。(私はいつもこの状態で登山を開始します。2時間くらいの保温ならご飯は温かいままです!)

次はカレーの調理です。お湯を沸かし、具材とカレールーを入れるだけ!お湯の量は具材がひたひたになる程度でOKです。

炊きあがったご飯にカレー、トッピングを盛り付けて完成です。

まとめ

どんな場所でも作ることができる失敗なしの簡単料理です。私は尾瀬沼を眺めながらキーマカレーを作りました。みなさんもぜひ、お気に入りの絶景の中で作ってみてください。

この記事を書いた人 チャウスドア

夫婦で登山やキャンプを楽しんでいます。そとごはんやDIYなど役立つ情報を発信していきたいです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »