【YAKIMA】積載量UPに!YAKIMAのルーフラック

しゅん坊(代表)

この記事に関連するタグ

キャンプにハマってくると自然と道具が増えるんですよね。ソロキャンプの場合、自分一人の荷物しか持って行かないし、食材も一人分なのでクーラーボックスも小さくてOK。テントもソロ用テントなのでコンパクトにまとめられ積載については問題ないです。

しかし、家族で行くキャンプの場合、着替えなどの荷物は増え、テントだけでなくクーラーボックスも大型になります。椅子の数も増え、テーブルも大きくなりますよね。

大型SUVや、ミニバン、キャブバンなどに乗っている方なら荷物がたくさん載るので大丈夫かと思いますが、ミドルサイズSUV、ステーションワゴンなどの場合、荷物が載りきりません。

私の車はステーションワゴンです。セダンよりは荷物が載りますが、荷室の高さがないのでSUVほどは荷物が載りません。いろいろ考えた結果、ルーフラック(バスケット)を載せることにしました。

YAKIMAロードウォーリア

 

積載のためにキャンプスタイルを変えるか??

まず考えたのは、車に載りきるようにテントを変えようと思いました。大型のロッジテントではなくウルトラライト的な感じに。

家族から文句がでました。「高さのないテントは腰が痛くなるから嫌だ!」「ストーブ入らないから冬だと寒くない??」ごもっともな意見にその案はボツになりました。

いっそのこと車を変えるか??

乗っている車は18年前のステーションワゴン。走行距離も16万キロを超えてオンボロです。大きな故障はありませんが、あちらこちらにガタが来ているのはたしかで、パワーウィンドウがたまにバキバキ鳴ったり、どっかからカラカラ音がしたり。四隅は傷だらけだし…。

いっそのこと荷室の大きい車に変えようと思い、ダメもとで奥さんに相談したら、やっぱりダメでした…。

傷だらけ、不安ありまくりの車ですが、愛着もあるのでもうしばらく乗ることにします。

次ページ:さぁどうしよう

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »