【福岡県】能古島キャンプ村をレポート!南国感あふれる福岡市内の離島にあるキャンプ場

かんたろう少年の心を抱く

この記事に関連するタグ

※この記事は能古島キャンプ村・海水浴場様に許可をいただき掲載しております。

福岡県の福岡市内に能古島という離島があるのですが、その離島の中にある能古島キャンプ村。ヤシの木に囲まれたキャンプ場で、まるでそこは南国にいるかのような錯覚に。。!そんな南国感あふれるキャンプ場を今回はみなさんにお伝えします!

能古島キャンプ村,能古島

能古島キャンプ村の基本情報

■住所
〒819-0012  福岡県福岡市西区能古2

■連絡先
TEL:092-881-0948
ホームページ:http://camp.nokonoshima.com/
メールアドレス:camp@nokonoshima.com

■開設期間
海水浴場・ショップ・レストラン:例年7月上旬より9月末まで
キャンプ村:通年利用可能(上記期間以外はスタッフの常駐及び一部設備が使用できません)

※HPより引用
チェックイン:13:00~17:30 / チェックアウト11:00 ※17:30以降のチェックインは一人あたり別途500円が必要です。

■バンガロー
定員20~10名 合計26棟
1棟1泊1人あたり
・Aタイプ 2階建 平日:3,500円 土日祝前 4,500円
・Bタイプ 平屋建 平日:3,000円 土日祝前 4,000円
・Cタイプ 平屋建 平日:3,000円 土日祝前 4,000円

■キャンプ
常設テント
1泊(各1名あたり)、大人1,800円、小学生1,200円、3歳以上800円
持ち込みテント
1泊(各1名あたり)、大人1,200円、小学生800円、3歳以上500円
シャワー(風呂なし):200円(3分)

出典|能古島キャンプ村

■POINTS
・波の音を聞きながら浜辺で寝れる!
・福岡の夜景を眺めながら、福岡空港へ着陸していく飛行機を眺められる!
・BBQも併設されており、雨除けも有るので安心!

ヤシの木に囲まれているキャンプ場!?

能古島キャンプ村は博多湾を望める絶景のキャンプ場。夏の期間は海水浴場としてもオープンしているので、海水浴客でも賑わっているそうです。恐らくヤシの木があるキャンプ場は全国でもたくさんあると思いますが、ここまでヤシの木が密集しているキャンプ場は数が限られているのではないでしょうか?

能古島キャンプ村,能古島

これは満潮に近い時の写真ですが、海に向かって伸びているいるヤシの木からはブランコがぶら下がってます!動画でよくありそうな勢いをつけて飛び降りるのもやってそうだけど浅いから危ない・・・

能古島キャンプ村,能古島

こんな感じで木の上からぶら下がってますが、なんと潮が満ちてくると沈みます。。(笑)

能古島キャンプ村,能古島

あっww

南国感はヤシの木だけじゃない!

すごいヤシの木があるというのはお分かり頂けたかと思いますが、ヤシの木しかないの?という声も有るはず。
もちろんヤシの木だけじゃなかったですよ。何があるかというと、海を目の前にしたビーチデッキがあるんです!

能古島キャンプ村,能古島

柵の外はもう海。キャンプで来たけれどこんな場所があったら、ファミリーキャンパーさんは奥さんやお子さんがはしゃいじゃったり、サンセットにコロナビールを飲んだりしたくなっちゃうのではないでしょうか??

また同じくデッキにはおしゃれな宙吊りチェアもあるので、普段のキャンプと少し変えてここでゆったり読書や昼寝をするのもありですね!

能古島キャンプ村,能古島

1個しかなかったので、先に使われてしまうとしばらく空かないかもしれないですね…(泣)

次ページ:インパクト有りすぎ!w

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 かんたろう少年の心を抱く

記事書くの下手ですが、 頑張って書いてきます! キャンプより釣り派?笑

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »