海キャンプはいかが?キャンプと一緒に楽しみたいシュノーケリング

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプと言えば、山や川のイメージがありますが、ぜひチャレンジしてほしいロケーションは「海」!
沖縄、伊豆、福井など日本には綺麗な海がたくさんありますので、自然を思う存分楽しむには海にも挑戦したいですよね。
そんな海のキャンプで追加で楽しんでほしいのが、シュノーケリングです。シュノーケリングは気軽に始めることのできるマリンスポーツ!特別な資格や技術が必要ないことから、お子様からシニアの方々まで幅広い層の人々が楽しむことができるのでとてもおすすめです。今回は、シュノーケリングに必要な道具やあったら便利なアイテム、そしてシュノーケリングをする際に気をつけてほしい注意事項をご紹介いたします。

シュノーケリングって?

シュノーケリングは、水面や水中を遊泳しながら、魚たちやサンゴなど海の美しい景色を楽しむマリンスポーツです。海の深くまで潜るスキューバダイビングとは違い、特別な資格や技術は必要なく、シュノーケルと呼ばれるパイプ状の呼吸器を付けるだけ。まずは水に浮いている状態からスタートして、慣れてくれば魚やサンゴをじっくりと観察することができます。さらに上級者になれば、マーメイドのように水中を自由に動き回ることもでき、最高にリフレッシュできること間違いありません。

シュノーケリングに必要な道具

そんな誰でも楽しむことができるシュノーケリングですが、どんな道具が必要なのでしょうか?必要な道具をご紹介します。

マスク・シュノーケル・フィン

Zenoplige シュノーケルセット スノーケリング ドライスノーケル フィン・マスク・スノーケル 3点セット曇...

 

まずは、これがあればシュノーケリングとも言える3つの道具をご紹介します。マスクは海中をクリアに見るために必要な道具です。視野が広いため海中の世界を満喫することができます。
シュノーケルは口つける道具で海面から出せば呼吸を自由にすることができます。
フィンは足につける道具でキック力をアップし海中の移動をスムーズにします。この3点セットがあれば、簡易的にシュノーケルを始めることができます。

フィン・マスク・シュノーケルを選ぶポイント!

選ぶ際に大切なのは、なによりもフィット感!サイズが違ったり、素材がしっかりしておらずフィット感がないものは、水が入ったり、脱げてしまったりとシュノーケリングに適していません。質感良く肌へ柔らかくフィットしてくれるものを選びましょう。
シュノーケルのマウスピースは、噛み心地がよく不快な臭いもしないものを選びましょう。自然に最適な口元の位置へと設定することが出来るものがベストです。シリコンの柔らかさによってフィット感も異なります。フィット感がよければ、長時間つけても圧迫感がなく快適に過ごすことができます。
また、マスクは、強化ガラスで、曇り止め加工のあるものを選ぶとより視線がクリアになり、海の中で魚類と珊瑚がはっきり見ることができます。目に海水が入ると危険ですので、こちらもサイズの合っているものを選びましょう。
いずれにしても、シュノーケルやマスクやフィンを事前に購入して試すことがオススメ。
特にシュノーケル・マスクはぜひ自宅のお風呂で試してみてください。水が口に入らないようするのも練習することで、本番の海でも大活躍するでしょう。

ラッシュガード

VAXPOT(バックスポット) ラッシュガード 長袖 【UPF50+ UVカット加工済】 VA-4011 BK/BL L(男性用L)

快適にシュノーケリングをする際に欠かせないのが「ラッシュガード」です。水着だけでももちろんシュノーケリングはできますが、海は想像以上に寒かったり、直接紫外線を浴びるので肌に良くなかったりとトラブルも多いものです。ラッシュガードを着ることによって寒さ対策になったり、日焼け防止・体型カバーに役立てることができます。最近は、UVカット機能があったり、色や柄なども豊富です。シュノーケリングだけでなく、サーフィン、水泳、スケートボード、登山などでも使用することができるので、マリンアクティビティやアウトドアをする人は持っておいて損はありません。

ラッシュガードを選ぶポイント!

選ぶ際に大切なのは、機能性。紫外線保護の観点や、素材・通気性・速乾性などに注目しましょう。例えば  双方向ストレッチ織物であれば、筋肉を圧迫して安定性を確保してくれ、疲労やエネルギー損失を防ぐことができます。通気性のある生地であれば、余分な水分と熱を排除することによる体の温度バランスを維持することができたりと、シュノーケリングの際にも有効に働いてくれます。軽量素材であれば、持ち運びや着用の際に便利ですよね。

マリンシューズ・グローブ

[キーン] サンダル NEWPORT H2(2019年モデル) メンズ DYE Spiral 7 US 11(29 cm) D

 

シュノーケリングにあると安心なのが「マリンシューズ・グローブ」です。これは足や手をガードしてくれるものです。シュノーケリングをしていると、浅瀬で立つことがあります。その際裸足で行なっていると、岩や石、海底にあるゴミで足を切ってしまうことが多々あります。海はいろんなものや生き物がいますから、そういったことから大きな怪我に繋がる場合もあります。そんな時に安心なのがマリンシューズです。また、同じく海水のものを手で触ることもありますので、グローブがあれば手を保護してくれます。

マリンシューズ・グローブを選ぶポイント!

選ぶ際に大切なのは、素材です。弾力性・軽量・通気性がある生地かどうか、速乾性・排水性があるかどうか、を確認して購入しましょう。
マリンシューズもグローブも、シュノーケリング以外の場面でも水陸両方で役立ちます。例えば、マリンシューズは軽いので普段はジムに行く時の室内シューズとしても使用できたり、海以外でも川などの水遊びの際にもサンダルの代わりに使うことができます。また、グローブもキャンプの際に木や草を触る時にも使用できます。

速乾タオル

Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 2枚セット 防災用品 収納袋付き マイクロファイバー バスタオル ビー...

キャンプでもシュノーケリングでも役にたつのが「速乾タオル」です。キャンプだけでも荷物が多いものですが、シュノーケリングも加わるとさらに荷物が増えてしまいます。速乾タオルがあれば、収納時はコンパクトになるのはもちろんのこと、すぐに乾くため濡れてしまった後の重く扱いにくいタオルの保管をする必要がなくなります。普段のアウトドアやスポーツの際にも使うことができるので持っておいて損はありません。

速乾タオルを選ぶポイント!

速乾タオルを選ぶ際のポイントはコスパ!速乾タオルは安価なものも多いのですが、早くくたびれてしまったり、ニオイが気になったりとすぐに使えなくなるものもあります。口コミをしっかりと読んで複数回使用した後の使用感を確認しておきましょう。とはいえ、数回使えれば十分、家族一人一枚持ちたいので安くてもOK、という人も多いと思いますので用途によって選んでも問題ありません。どの速乾タオルも、通常のバスタオルの半分以下、乾くスピードも倍以上というものが多いので、好きな色やメーカーのものを選んでも遜色なく使うことができますので、好きなものを選んでも良いでしょう!

次のページ:シュノーケリングを思い出に記録しよう!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP