夏のおすすめキャンプファッション!コーデの考え方や着こなし紹介!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプが楽しくなる季節が到来してきました。思い切りエンジョイするためにも、快適に過ごせる服装を知っておきましょう。ここでは、夏のキャンプファッションで気を付けなくてはいけないポイントや、夏キャンプを楽しむための、服装の基本や着こなし術などをご紹介します。服装を間違えてしまいますと、せっかくのキャンプも心から楽しめなくなる可能性がありますので、注意が必要ですよ。

夏のキャンプで気を付けるべき服装のポイントとは

夏のキャンプは、1日中外に居るので薄着で良いとか思ってはいませんか。ここでは、夏のキャンプで気を付けなくてはいけない、服装のポイントについてご紹介します。

朝と晩の冷え込み対策をすること

キャンプを行う場所が何処であろうと、テントを外に張るのであれば、昼夜の寒暖差は大きくなるものだと考えておかなくてはいけません。そのため、朝晩の冷え込みに備えて、羽織れるものを必ず用意しておきましょう。寒暖差が特に大きい季節やエリアによっては、昼間と朝晩の服装を変えても良いくらいです。冷え込む時間帯は、オシャレよりも保温性を重視した服装を意識して、体調を崩さないように徹底しましょう。

肌を露出し過ぎないこと

夏場は日中が暑いので、ついつい薄着になりがちですが、直ぐ近くに虫がたくさん生息していたり、散策などして出歩くのであれば、肌の露出は控えたりしたほうが安全です。これは、キャンプエリアが整備されていたとしても同じことが言えます。肌を隠せる長袖のトップスやロングパンツを1着ずつ用意しておき、虫除けスプレーも併用して、虫除け対策はしっかりと行いましょう。たかが蚊やアブとか思っていると、酷い目に遭ってしまうかもしれませんよ。

日差しの対策をしっかりすること

紫外線は標高が高くなればそれだけ強くなります。山や高原でキャンプをする時は、いつも以上にUVケアを行わなくてはいけません。準備する服装も、出来る限りUVカット機能を備えているものを選ぶのがおすすめです。さらに、日差し対策として帽子やサングラスも準備しておくと良いでしょう。晴れの日はもちろんのこと、曇りの日でも紫外線は思っている以上に強いため、大丈夫だろうとは思わずに、しっかりと対策をしておくことが大切です。

焚き火の時の服装に気を付けること

夜のキャンプの楽しみの1つである焚き火は、風の向きや強さによっては火の粉が服にまで舞ってしまい、最悪の場合引火する恐れがありますので、十分に気を付けなくてはいけません。ナイロンやポリエステル製の生地は、ちょっとした火の粉でもすぐに溶けて、あっという間に火が着く可能性がありますので避けたほうが無難です。焚き火の時は、コットン生地の服を選んだほうが良いので、1着準備しておくと安心でしょう。キャンプ用品の中には、難燃性の生地を使った服を取り扱っているメーカーもあるそうですので、活用するのもオススメです。

次のページ:これは抑えよう!夏の服装の基本

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP