夏のおすすめキャンプ料理は?魅力などご紹介!

TAKIBI編集部

暑い夏だからこそ、アウトドアで美味しいご飯が食べたいですよね。夏休みやお盆休みなどを利用して、友人や家族と海や山でキャンプを楽しみ、バーベキューでお腹を満たすなんて、とっても贅沢だとは思いませんか。キャンプブームである近年、SNSでもキャンプ料理やアウトドアご飯が大人気なんです。今回は、夏キャンプだからこそ作りたい、おすすめのキャンプ料理や、キャンプ料理の魅力などをご紹介します。

キャンプ料理の魅力とは?


Instagram:@sum057

せっかくキャンプをするのであれば、美味しいご飯も存分に楽しみたいですよね。ここでは、キャンプ料理にはどんな嬉しい魅力があるのかをご紹介します。

同じ料理でも美味しく感じられる

普段家で作っているようなメニューでも、不思議とキャンプだと数倍美味しいと感じられるのが、キャンプ料理の魅力です。調理道具や火元などが違うのは当然ですが、360度自然に囲まれた環境の中で作る料理だからこそ、一層美味しく感じられるのでしょう。また、普段料理をしない人も、キャンプでしか出来ない料理がきっとある筈です。燻製や自宅では作れないような料理に、思い切ってチャレンジをしてみるのも良いでしょう。

みんなと一緒に作ると楽しい

キャンプ料理は、自宅で1人で作る料理とは違い、仲間と協力し合って色んな料理にチャレンジします。料理が得意な人もいれば、包丁を握ったことも無いというような人もいる中で、頑張って試行錯誤して料理をするのですから、美味しくない訳がありません。また、仮に料理に失敗してしまったとしても、そのことが良い思い出となってくれるはずです。この人、こんな特技があったんだというような、お友達の意外な一面も料理を介して見れるかもしれませんよ。

その土地の食材を堪能できる

ちょっと遠出をしてキャンプをしたのであれば、その土地でしか味わえないような食材を使って、キャンプ料理にチャレンジしてみましょう。釣りが楽しめるポイントでキャンプをしたら、川魚を焼くのも良いでしょう。新鮮な野菜やお肉を使って豪快にバーベキューをするのも良いでしょう。食材をその場で得て、直ぐに調理することが出来るというのは、まさにキャンプならではの魅力だと言えるでしょう。

キャンプ料理をスムーズに作るポイントとは


Instagram:@takahiro.0214

キャンプ場は自宅とは違い、炊事場も水回りも充実していない可能性が高いため、キャンプ料理をスムーズに作るポイントを知っておきましょう。これさえ抑えておけば、初心者の人でも失敗することなく料理を楽しむことが出来ますよ。

あらかじめ下ごしらえをしておこう

キャンプ料理をスムーズに作るポイントで最も重要となるのが、食材は事前にカットしておくことと、下味をつけておくことです。自宅でキャンプ当日か前日に、あらかじめ食材を、ある程度下ごしらえをしておくだけで、当日のキャンプ料理も慌てずに美味しく作ることが出来ます。ジップロックがあれば、下ごしらえをした食材を密封して持ち運べますし、かさばらないので使いやすいというメリットがありますよ。

使い終わった食器類や調理器具は漬け置きしておこう

キャンプ料理を作って盛り上がったあとは、ちょっと億劫ですが、後片付けが残っています。キャンプ場では、お湯が出るところなんて殆どなく、夜の寒い中水を使って後片付けをするのは一苦労なんです。そこでオススメするのが、あらかじめ使い終わった食器類や調理器具は漬け置きしておくことです。特に油分の多いものは、漬け置きしておくだけで、汚れの落ち具合に大きな差が出ます。使用する水も節約出来て一石二鳥ですので、是非試してみて下さい。

食材はどんどんアレンジしよう

宿泊でキャンプをする場合、朝・昼・晩と3食全てキャンプ料理で賄わなくてはいけません。自宅ではありませんので、出来れば上手に持っている食材を活用したいもの。そこでオススメするのが、食材をどんどんアレンジするということです。おつまみに作ったアヒージョのオイルは、捨てずにパスタのベースにすれば、2品簡単に作ることが出来ますし、おでんの残りに味噌をとかしてほうとうを作るなど、リメイクレシピを知っておけば、キャンプ料理に活用することが出来るでしょう。

次のページ:夏にピッタリ!簡単料理からひと手間料理まで!

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP