話題のアクションカメラで手軽に綺麗な映像を!Gopro HERO7 Blackの魅力を徹底解説

TAKIBI編集部

こんにちは。TAKIBI編集部です。
皆さん、キャンプに限らず、思い出ってどういう風に残してますか?

「スマホで写真撮ってSNSに投稿ですね。」
「あたしはスマホでもっぱら自撮りよ。」
「俺のスマホならきれいな映像撮れるもん。」

そうなんです。今の時代、誰でも簡単に高いクオリティの動画が撮れるんです。そう、あなたのスマートフォンならね。(どっかで聞いたことある響きですね)
でも…スマホで撮れない映像があるんです。
それがこちら

そう、自分視点の映像です。
思い出を残すのであれば、自分の見た景色をそのまま残せたら最高じゃないですか?

今、大人気のカメラなので見ただけでお分かりの方も多いと思いますが
こちらなんと、こんなに小さいカメラで撮っているんですね。
100円玉と並べてみました。

今回は、こちらのGoproの最新機種HERO7Blackについて、実際に使用している僕がリアルな使用感を徹底解説していきます。
なお100円玉は比較用です。超有名ファストフード店みたいに100円で買えるわけではないのでご注意ください。

スマホでよくない?


画像提供:PIXTA

スマホで十分満足しているという方、本当にそうでしょうか?
まず、スマホで映像を撮るデメリットから解説していきます。

落とした時のリスクが高い

最近のスマホは物理キーをなくして画面の比率が大きくなっている機種、さらに高級感を狙って全面がガラスで覆われている機種が多くなってきました。
当然それにつられるように10万円を軽く超してきます。
海や川、山など、電子機器にとって最大の敵である水気の多い場所で動画を撮りながら歩き回るのは落下した場合の水没や破損などを考えると非常にリスクが高いんです。
仕事や家族との連絡手段でもあるスマートフォンは、あまり手荒には扱いたくないですよね。

じゃあ置いて撮る(怒)

ここで出てくる問題が画角です。
確かに近年のスマートフォンは昼夜問わず綺麗に撮れる機種が増えてきています。
しかし、手に持ってとることが前提なので、手振れ機能の分画角を狭くせざるを得ないんですね。
是非、お手持ちのスマートフォンで写真と動画を切り替えてみてください。動画の画角が急に狭く写っている思います。
では、スマホの画角と、アクションカメラ(Gopro hero 7)の画角を比べてみましょう。

スマホ(iPhone XR)とGoproを並べて撮ってみます。

あまりの画角の広さに自分の手が写ってしまいました…
どうでしょうか、如何にGoproの画角が広いかがお分かりかと思います。

スマホとGoProどっちがいいの?

正直なところ、Appleの最新機種であるPhoneXSとHERO7Blackを比較した時に動画撮影や写真撮影の数値上のスぺックはあまりないと言っていいでしょう。

と、数値上で比較しても実際のところ差はあまりないんです。
iPhoneの方はビデオカメラとして販売しているわけではないので10万を超えるのも納得。といったところでしょうか?
では、iPhoneにはないGoPro強みとは何でしょうか?

GoPro HERO7Blackはここが凄い

GoProには、究極の手振れ補正機能「Hypersmooth」という機能があります。(HERO7 Blackのみ)

この安定感ですよ。大きなスタビライザーやジンバルを持ち歩かなくてもいい時代が来たというわけです。

写真もすごいぞ

このGopro HERO7 Black、凄いのは動画だけではありません。
なんとこんな写真も撮れてしまうんです。(画像の編集、加工等はしていません。)

さらに夜も…

(長時間露光にて撮影)

どんだけバイク好きなんだよって話ですね。
奥にほんのり写っている人影は僕です。決して心霊写真などではありませんのでご安心を…

誰でも簡単にこのようなきれいな写真を撮れる理由は、HDR、ローカルトーンマッピング(色味の自動補正)、ノイズ軽減を駆使した「スーパーフォト」の恩恵があるんです。


出典;GoPro.com
スーパーフォトON(上)OFF(下)

しかし、カメラ好きのみなさんは気になる点があるかと思います。
そう。各種パラメーターの調整です。
初心者でも簡単に撮れることがウリですが、一眼レフのマニュアル設定のようなProresという機能が搭載されています。
設定できるパラメーターは
ホワイトバランス、シャッタースピード、ISOの最大値と最小値、EV設定値(露出)と、かなり細かくいじれてしまいます。すごくないですか…?

まだまだぁ!

さらに、Timewarpという機能があります。タイムラプス動画ですね。
見てください。まるで自分の視点がワープしているかのようななめらかすぎる映像が撮れてしまうんですね。

撮った写真や動画をすぐに共有したい!

スマホで写真や動画を撮る最大のメリットとして、すぐにSNSに投稿できるという点があると思いますが、GoProで撮った映像はSDカードに保存されるのでリアルタイムで共有できない…のでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
GoPro HERO7は、専用アプリでスマートフォンとWifi接続することで、写真なや動画をその場でスマートフォンに保存することができます。
※スマホの機種や通信環境によって変わります

さらに!GoProが提供するQuickアプリを使えば、動画編集に抵抗があるアナタでも、すぐにダイジェスト風のかっこいい映像作品が出来上がってしまうんです。
勘のいい方はお気づきかもしれませんが、スマホに保存した時点でGoProに保存された動画は消してしまっても問題ないので
スマホの容量が許す限り、動画を撮ることができます。

Quick appのダウンロードはこちら

次のページ:褒めてばかりではありません!僕が感じたリアルな部分を紹介

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP