ユニフレームのケトル完全網羅!キャンプで使えるケトルの選び方も教えちゃうよ

TAKIBI編集部

ユニフレーム【キャンプケトルケース】ススだらけになりがちなケトルの持ち運びに


出典:Amazon

焚き火や炭でケトルを使うと煤だらけになってしまい、片付けの際に非常に不便です。キャンプケトルケースを持っておけば、汚れたまま収納できて後から掃除ができます。

一点、注意するべきは、温度です。必ずよく冷ましてから、ケースに入れるようにしましょう。

2.5Lの大容量キャンプケトル ジャンボ再販の予定は?

2018年限定で発売されて、大人気となった2.5Lの大容量キャンプケトルジャンボは、現在再販の予定はありません。

グルメメインで大人数のキャンプに向いているアイテムですが、インスタントの食べ物用に少人数でお湯を使う程度ならば、通常のキャンプケトルのスペックでも充分可能です。
ジャンボが必要になるケースは、大人数でのキャンプが鍵となりそうです。

1.8Lの大容量とスタイリッシュなフォルム【クラシックケトル】もオススメ!


出典:Amazon

名前のとおり、スタイリッシュでクラシカルなデザインが特徴のケトルです。
通常のキャンプケトルは1.6Lで、こちらのクラシックケトルは1.8Lと大容量で展開しています。

あと一歩大きいサイズを求めていた方にぴったりのデザインとサイズ共に優れたおすすめケトルです。

【やかんタイプ】ユニフレームの山ケトルの魅力とサイズの選び方


出典:Amazon

ユニフレームの山ケトルは、通常よりもコンパクトで熱伝導率が高いアルミニウム製のケトルです。登山で使われるように軽量で持ち運びがしやすく、キャンプにも使いやすいようになっています。

サイズは約0.7Lの山ケトル700と約0.9L山ケトル900のバリエーションがあります。
大人2~3人ならば、山ケトル700がおすすめです。小さいサイズでお湯が沸くスピードが早く、待ち時間も少なくなります。

家族連れの方には少し大きいサイズの山ケトル900がおすすめです。お湯切れの心配もなく、コンパクトで場所にも困らないため、最適なアイテムになります。

【寸胴タイプ】キャンプ飯の調理もできる【スノーピーク ケトルNo1】


出典:Amazon

クッカーとしても使える調理に最適なケトルが、スノーピークケトルNo1です。
焚き火や炭などの強い炎にも負けない耐久性のあるステンレス製で、大人数のキャンプ飯に向いています。

取っ手がサイドと上部に付いており、調理中でもケトルを移動させやすいようになっている点も魅力です。
調理までいかなくとも、インスタントのラーメンもぴったり収まる便利なサイズになっています。

次のページ:コスパのキャプテンスタッグ

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP