キャンプといえば肉料理!アウトドア料理のレパートリーを増やそう

TAKIBI編集部

ポークジンジャー


画像提供:PIXTA

ポークジンジャーは、焼いているだけでキャンプ空間全体を食欲をそそる生姜の香りで包んでくれる肉料理です。ご飯との相性も良く、キャンプの料理を何倍にも美味しくさせてしまうコストパフォーマンスの良いところが魅力。

豚肉の生姜焼きとの違いは、厚みのある豚ロース肉を使用しているかどうか。家庭では火力の問題から作りにくいポークジンジャーも、キャンプの高火力な火元を使えば、通常とは異なる料理に挑戦できます。

薄切り肉を使う生姜焼きよりも火の通りは遅くなりますが、厚切り肉のボリュームの多さはキャンプと相性が良くなっています。

ダッチオーブンを使用するおすすめの肉料理3選


画像提供:PIXTA

ダッチオーブンは、焚き火があるキャンプには欠かせないアイテムです。焼く、煮る、揚げる、蒸す、炒めるなどのあらゆる調理の基本は、ダッチオーブンで完結できる優れもの。

蓋を閉じれば食材自体の水分で、素材の味が引き立つ仕上がりにできます。
それでは、ダッチオーブンを使用するおすすめの肉料理のレパートリーをご紹介します。

ローストビーフ

大人数のキャンプ料理の定番であるローストビーフは、見た目も華やかで豪華な食事という印象を与えられる上に簡単なおすすめ料理です。
通常はグレイビーソースをかけますが、バーベキューで使用するタレをかけても美味しく仕上がるので、手間いらずです。

冷めてしまっても味の質が落ちにくく、付け合わせの野菜やポテトを作って一緒に食べられます。余ったローストビーフは持ち帰ってお家で楽しむことができるため、食材の破棄が少ない優れた料理です。

焼き豚

ダッチオーブンで作る焼き豚は、蓋を閉じることにより、肉の水分と脂分を閉じ込めて、肉本来の旨味をぎゅっと凝縮してくれる料理です。

キャンプでも焼き豚を作っておけば、そのままおつまみとして食べたり、付け合わせにしたり、ラーメンの具材にしたり、様々な使い方ができて汎用性があります。冷めてしまっても美味しく食べられるところも魅力です。

ダッチオーブンで同時にゆで卵を入れておけば、肉と出汁の旨味が詰まった煮卵を作ることができます。
キャンプの主役としても脇役としても使えるのが焼き豚です。

角煮


画像提供:PIXTA

角煮はダッチオーブンならば簡単にトロトロにできる料理です。手軽に作れてご飯も進むため、キャンプ料理におすすめ。

通常の角煮以外にも、トマトを入れた夏にぴったりのトマト角煮もおすすめの料理です。
ダッチオーブンでことことじっくりと煮詰めるとトマトの旨味が肉と合わさって美味しく仕上がります。
トマトは完熟のものを使うことが上手に仕上がるコツです。

次のページ:調味料にこだわろう!

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »