猛暑の夏を快適に過ごす!夏に行くべき涼しいキャンプ場8選

TAKIBI編集部

梅雨があけると、本格的な夏の到来です。
日本の夏は、ヒートアイランド現象も相まって、立っているだけで汗が吹き出すような暑さ。
そんな猛暑から開放されるべく、今年はおいしい空気と自然、そして涼しさを求めて、暑い都会から脱出しませんか?
この夏絶対行きたくなる!避暑地として人気の涼しいキャンプ場をご紹介します。

猛暑の夏に選びたい、涼しいキャンプ上の条件とは?

標高が高いところ

夏のキャンプ場を選ぶ一番のポイントは、涼しいこと。
せっかく暑い夏に行くのなら、避暑地のような涼しい場所が鉄則です。
ではどうやって涼しいキャンプ場を探すのでしょう。それは、

「標高の高い場所」

一般的に100m標高が高くなると0.6度気温が低くなると言われています。
昼間の気温が30度だとすると、標高1000mのところでは、24度になる計算です。
そこに、心地よい風が吹くと。
うーん、それだけですぐに行きたくなる衝動に駆られてしまいますね。天然のクーラーに入っているような涼しさ、それには高原のような標高の高い場所がおすすめです。

雨飾キャンプ場【標高1,200m・長野県】


Instagram:@yudai999

【詳細】
妙高戸隠連山国立公園の中にある大自然のど真ん中にあるキャンプ場です。
所在地 長野県北安曇郡小谷村中土18926

雨飾キャンプ場
電話Tel 0261-85-1045
営業期間 6月中旬~10月末
施設 きつね村サイト(初心者・ファミリー向け)ふくろう村サイト(通好み向け)うさぎ村サイト(グループ向け)手ぶらでキャンプサイト(手ぶらキャンプ専用)
標高 1,200m

夏でも涼しい、雨飾キャンプ場のおすすめポイント

妙高戸隠連山国立公園内にある雨飾キャンプ場は、目の前の山々や新緑・紅葉などの自然のロケーションが最高です。夏には、山から吹き下ろす涼しい風がキャンパーたちを迎えてくれます。
昼だけでなく、夜の楽しみもあります。
国立公園内に位置する標高1,200mにあるキャンプ場は、天気が良ければ満点の星空を見ることができます。運が良ければ流れ星も。
月と星の明かりに照らされながら、都会の慌ただしさを忘れて、のんびりとしたひとときを楽しんでみてはいかがですか?
近くに露天風呂もあるので、キャンプには温泉必須!の女子キャンパーにも人気のキャンプ場です。

くるみの森キャンプ場【標高1,000m・群馬県】


Instagram:@miyan0930

オーナー自ら作り上げた場内のアスレチックが充実。家族で楽しむことができます。
【詳細】
所在地 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1353-2250

くるみの森キャンプ場
電話Tel 0279-84-1078
営業期間 4月27日~10月23日
施設 管理等 炊事棟 トイレ棟 シャワー棟 自由広場 売店
標高 1,000m

夏でも涼しい、くるみの森キャンプ場のおすすめポイント

大きな樹木に囲まれた、まるで森のようなキャンプ場です。キャンプサイトは広く取られているので、自然を満喫できます。
本格的なアスレチックも充実しているので、お子さまだけでなく大人も童心に帰って1日中楽しめますね。
夜の楽しみはなんと行っても星空観察です。天の川が見えそうなほどの満点の星。流れ星をみつけたらお願い事をしてみましょう。


画像提供:PIXTA

次のページ:ワイナリーが近い手作りキャンプ場

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »