初心者ファミリーキャンパー必見!主要キャンプ装備の選び方

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

ある程度子どもが大きくなってくると、貴重な経験を積ませるためにもキャンプを始めたいと考える親御さんは少なくありません。特に都心部に住んでいると、自然と触れ合える機会も少なくなるので、キャンプはとても勉強になります。しかし、これから始めるにあたって、どんな装備を用意したほうがいいのか悩んでしまいますよね。ここでは、キャンプの主要装備についてご紹介します。


Instagram:@bonfire___lit

最高の思い出にするために道具選びは大事!


画像提供:PIXTA

初めてのファミリーキャンプを成功させるためには、しっかりとした道具選びをする必要があります。

忘れ物があると不満が出る可能性が

初めてのキャンプの場合、どうしても準備するものが多くなりがちです。慌てていると、うっかり購入し忘れていたり、購入していたけれども数が足りなかったりすることもあるでしょう。初めてのキャンプで、そのような事態に陥ってしまうと、せっかくの遊びが台なしになってしまいます。次回以降のキャンプにつながらないリスクもあるので、持っていくものは念入りに検討するようにしましょう。

容量や使用人数も要チェック

キャンプギアを購入する際には、容量や使用想定人数を確認しておくようにしましょう。想定していた人数より大きい程度であれば、キャンプをすることは難しくないですが、容量より小さいものを選んでしまうと、キャンプ自体が続行できなくなる恐れがあります。また、あまりに大きすぎたとしても、準備が手間取ってしまって、家族から顰蹙を買ってしまうリスクもあります。適切なものを選ぶ必要があります。

ファミリー向けのテントの選び方


画像提供:PIXTA

ファミリー向けのテントを選ぶ際には、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

少し大きめを購入する

テントを購入するとき、意外にやりがちなのが、「思ったより広くない」ということです。テントは、購入する際に使用想定人数が記載されています。しかし、この使用想定人数というのは、あくまでも「この人数が寝ることができる」というだけであり、快適に睡眠がとれるかは別問題です。そのため、快適に過ごすためには、一般的に仕様人数プラス1人の大きさのテントが好ましいとされています。

タイプによってはタープが必要ないことも


Instagram:@kikorin414

テントというと、タープが必要であると感じてしまいますが、必ずしもそうではありません。最近では、ドーム型テントなども人気となっています。ドーム型テントは、大きいテントであるため、寝室エリアとリビングエリアに分けることができるのです。リビングエリアは、広く開放することもできるので、タープ代わりに活用することもできます。つまり、テントだけで十分だということです。


Instagram:@sachamp_

購入後は一度練習してみる

テントを購入後、試し張りをせずに、ぶっつけ本番でテントを設営することはやめましょう。慣れている人ならともかく、初めてテントを設営するのであれば、何かしらトラブルが発生しやすいようです。「途中で設営できない」ということになってしまったら、キャンプを続行することができなくなる可能性があります。事前に庭や河原でも構わないので、一度設営してみるようにしておきましょう。

次のページ:おすすめのテントはこれだ!

1 2 3 4

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP