【大型2輪編】キャンプツーリングを快適に!おすすめのバイク11選

むっしゅ

この記事に関連するタグ

どうもこんにちは。TAKIBI編集部、バイク同好会(会員一名)のむっしゅです。
前回、キャンプにおすすめのバイク!普通2輪編と称して僕の独断と偏見で紹介してみましたがご覧いただけましたかね?
中型が欲しいのに間違えてここにきてしまった方はこちらです。
【普通2輪編】キャンプツーリングを快適に!おすすめのバイク9選

タイトルにもある通り、今回は大型2輪にフォーカスしてオススメを紹介していきたいと思います。
正直な話、普通二輪よりも遥かにラインナップが多いので何を紹介しようか迷ったのですが、無難かつ楽しいバイクを厳選しましたので是非ご覧ください。

それと…前回の記事で言い忘れていましたが、このシリーズはあくまで「バイクに興味はあるけど触ったことがない」という方に向けて執筆したものになりますので、ベテランライダーの方には退屈かもしれませんがご了承ください。

大型バイクについてちょっと基礎的なお話を


画像提供:PIXTA

そもそも普通二輪と大型の違いは?

バイクの免許の区分は、原付、小型、普通二輪(中型)、大型に部類されます。
この中で、普通2輪は400cc以下のバイクを運転できる免許区分となっていて、大型免許を取得することで、401ccから上(上限なし)のバイクに乗ることができます。国内で新車購入できる量産車の最大排気量はイギリスが誇るトライアンフのRocket 3 Roadsterと言われています。えーっと、排気量排気量…「水冷3気筒2,294cc」…!?

…こ、これも大型免許で乗ることができます。

この事実だけでも、いかに大型免許の幅が広いかが容易に想像できるかと思います。

大型のメリット、デメリットは?

そもそも普通2輪に比べて排気量が桁違いなので、400ccのテンションで1000ccのバイクに乗ると確実に体ごと吹き飛ばされるでしょう。
大人4人乗っても走れる軽自動車が660ccですからね。その半分以下の重量で軽自動車よりも大きな排気量ですから当然です。
それゆえに、大型免許は持っているけど400ccに戻ってきたというライダーも少なくありません。
しかし、排気量が上がるとバイクの運動性能も上がるので高速道路での合流や追い越し、料金所からの速度回復などさまざまなシーンで恩恵を受けることができます。
さらに、普通2輪では叶わなかった積載や大きなボディを利用した風防、車種によりますがタンデム(2人乗り)した時のストレスが少ないバイクなんかもラインナップされていますので、バイクでより遠い場所に行く場合やキャンプなどのシーンでもメリットがあると言えます。

キャンプにおすすめの大型バイク【ホンダ編】

NC750X


出典:HONDA

おすすめポイント

その1.バイクなのにラゲッジ付き
その2.DCTで快適
その3.2気筒エンジンの扱いやすさがGood

こちらのバイク、大型二輪を取得された方なら非常に馴染み深いバイクではないでしょうか
走行の安定性はもちろん、幅広なシートによる長距離巡行の快適さと積載性を兼ね備えたマシンです。
デイキャンプくらいならこれと小さなリュックで行けるんじゃないかと思うくらい積めます。
というのも、ガソリンタンクに見える部分ですが、実はラゲッジスペースになっていてフルフェイスのヘルメットがすっぽり収まるんですね。(モノによりますが)
さらにこのNC750Xに限らず、一部のHONDA製バイクにはDual Clutch Transmission(デュアルクラッチトランスミッション略:DCT)が搭載されたラインナップがあり、スムーズな加速感と軽快なライディングを楽しめます。

NM4-02


出典:HONDA

おすすめポイント

その1.近未来なフォルム
その2.積載グッズなしでも十分積める圧倒的な積載力
その3.超リラックスなポジション

この近未来なモ○ルスーツのようなフォルム…男子はたまらないんじゃないですかね?
少なくとも僕が小さなころに夢見た未来の乗り物はこんな感じでしたね。
このバイク、すごいのはこの見た目だけではありません。至る所が収納ボックスになっていて、驚くほど積載能力が高いです。
ライディングポジションは、マシン前方の大きなフットペダルに足を放り投げるスタイルなのでアメリカンに近く、リラックスしてライディングを楽しめます。
さらに、こちらのマシンもDual Clutch Transmissionを搭載しており、長距離走行に一役買っています。

Dual Clutch Transmission(デュアルクラッチトランスミッション)って何?
名前を聞く限りめちゃくちゃ強そうですが、必殺技じゃありません。
名前の通り、クラッチが2つ搭載されたトランスミッションです。1,3,5速のクラッチと2,4,6速のクラッチが別々で装備されていて、それぞれが独立して自動的に変速操作行うことで通常のシングルクラッチトランスミッションより、変速のロスが少ないのが特徴です。
さらに、スクーターのような無段変速機と違い、変速ギアを持つ構造なのでボタン操作で変速するなんてことも可能なんです。(MTモード切替時)
この構造は欧州車に多く採用される傾向にあり、運転中の変速ショックの軽減や加速のスムーズさに大きく貢献しています。

次のページ:最先端の技術を惜しみなく注ぎ込んだライムグリーン

1 2 3 4

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 むっしゅ

今年キャンプを始めたばかりのビギナーキャンパーです。 バイクに乗っていますが、ほとんどクルマでキャンプに行きます。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »