キャンプでこだわりのコーヒーを飲もう!おすすめの淹れ方や道具を紹介するよ

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプでしか味わえない、野外でのコーヒーブレイク。いつものカフェやコンビニでのコーヒーと違い、自然の空気を吸いながら飲むコーヒーは格別です。
家でも豆を挽いたりドリップしたり、とこだわりのある方も多いかもしれませんが「普段は面倒で…」という方にも是非挑戦していただきたいのがキャンプでのコーヒーです。料理は手軽に済ませて、起き抜けのコーヒーに手間をかけてみるキャンプもまた一興かも。
今回は、キャンプでのコーヒーの淹れ方や必要なものをご紹介していきます!


Instagram:@no_family_no_life

ペーパーフィルターを使って飲もう!

キャンプ先でもっとも手軽にコーヒーを淹れる方法が、ペーパーフィルターでのハンドドリップ。コーヒーの風味も十分本格的に楽しむことができますし、ドリップし終えたペーパーフィルターは捨ててしまってOKなので、荷物のかさばるキャンプにもってこいの方法です。ここからはペーパーフィルターを利用してコーヒーを淹れるための材料やメリット・デメリットをお伝えしていきます。

材料

ドリップコーヒーに必要な道具は以下の6つ。
・ケトル
・ドリッパー、ペーパーフィルター
・バーナー
・コップ
・コーヒー豆やインスタントのコーヒー
・コーヒーミル(豆を挽くなら)

中には使い捨てのフィルターを使わないドリッパーもありますが、何かと荷物の多いキャンプにはペーパーフィルターがおすすめです。また、ドリッパー自体も折りたたみ式や組み立て式のものを選び、コンパクトにまとめましょう。それぞれのおすすめアイテムはこちら。


Instagram:@campan_works

【ケトル】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)キャンプ用 ケトル クッカー 14cm 1.3L M-7296

出典:Amazon

実容量1Lのキャプテンスタッグのケトル。こちらは広いフタの開閉も出来る上に、持ち手の位置が自由自在に動かせる優れもの。コーヒー用のケトルとしてだけでなく、小型の鍋としても使用することができるので「なるべく荷物を減らしたい…」という方にもぴったり。
素材はステンレス鋼なので、美しい光沢がありながら丈夫で長持ちします。お値段もお手頃で助かりますね。

【ドリッパー】MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 02S


出典:Amazon

ドリッパーを選ぶ際の絶対条件は”折りたためること”です。このTetra Dripは一見インテリアのようにも見えますが、実は0.9mmもの薄さに畳むことができるコーヒードリッパーなのです。0.3mm×3枚の板から構成されていて、分解するとカードのように収納可能。重量もわずか40gなので全くかさばりません。キャンプだけでなく登山にもおすすめ出来るドリッパーです。もちろん安定感も抜群で、様々なサイズのコップに対応出来ます。
また、ペーパーフィルターはこだわらなければ100円ショップのものなどでOKです!

【バーナー】SOTO(ソト) シングルバーナー ST-301MT


出典:Amazon

コーヒーにはシンプルなシングルバーナーを選びましょう。SOTOのシングルバーナーは操作も簡単で、重量も690gと比較的軽量です。収納時には16cm四方に収まるサイズまでコンパクトになります。本体は小さめなものの、低重心設計により大きな鍋での調理まで可能です。コーヒーだけでなく、料理にも使えて一石二鳥です。
カセットガス式なので経済的にも◎

【コップ】snow peak(スノーピーク) チタンシングルマグ


出典:Amazon

意外と大事なのがコップ。軽さと飲みやすさを兼ね備えたsnow peakのマグカップはハンドル部分が折りたたみ式になっており重量もわずか59gです。容量は300mlなのでコーヒー1杯分にしては十分な量なのではないでしょうか。また、チタン製で熱伝導率が低く、熱々のコーヒーを淹れても唇に火傷を負わずに済みますよ。
プラスチック製やシリコン製のコップでもよいですが、”キャンプ感”を狙うならチタン製のコップがおすすめ。


Instagram:@sum057

【コーヒーミル】porlex(ポーレックス) コーヒーミル セラミック ミニ


出典:Amazon

コーヒー豆を挽いてドリップしたい!という本格派の必需品がコーヒーミルです。こちらはスリムなデザインでおすすめ。このporlexのコーヒーミルはハンドル込みで235g、高さ13.5cmと大変コンパクト。ハンドルは取り外し可能なので持ち運びの際にも便利です。粒度調整機能が付いていて豆の粗さを選択することができます。
少々手間はかかりますが、しっかり挽いたコーヒーの香りは格別。キャンプという機会に敢えて挑戦してみてはいかがでしょうか?

次のページ:ドリップコーヒーの注意点!

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP