某テレビ番組の登山部でも大活躍してるスウェーデン生まれのヒルバーグテント

この記事に関連するタグ

今回は使用環境や実用性をベースに考えた個性的なラインナップと、高品質なクオリティで登山家を中心に人気を集め、テレビ番組の企画としても登場しているスウェーデン生まれのヒルバークテントをご紹介したいと思います。

ヒルバーグレーベルシステムって?

ブラック、レッド、イエロー、ブルー、シェルターのモデルにわかれています。簡単に言うと、使う環境(気候・季節)、地形、耐久性、安定性、居住空間の広さ、設営の簡単さなどによりわかれています。
我が家にも、ブラックレーベル、ブルーレーベル、シェルターレーベルが数張りあります。
沼にはまるかのようにヒルバーグファンになりました(笑)

今回は、ブラックレーベルのサイボを設営したいと思います。

ブラックレーベルとは、快適性と使い易さを最重視し、そしてどの季節にも完全に対応する耐久性に富むヒルバーグで、もっとも、多様性に優れるテントです。ほかのレーベルに関しては、次回、ほかのレーベルのヒルバーグテントをご紹介する時にお伝えしたいと思います。

仕様

付属品/アルミポール( φ10mm) 393cm×4本、ペグ( Yペグ)×24本、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ、スペアポールセクション、リペアスリーブ

重量 : 最小重量(総重量)/4.6kg( 5.3kg)

収容人数 : 3人用テント

価格 188,000円(本体価格)

設営の仕方

早速設営していきましょう。

テントを広げ、4本のポールを組み立てておきます。軽いので子どもでも組み立てられますよ。
一人で設営できるヒルバーグテントの手軽さは、どこよりも優秀です。

この黒い袋綴じの先までポールの先がしっかり入れるのがポイントです。写真の1のポールを先にクロスにいれます。
次に2を入れます。

ポールをいれたら自立するので、端っこはペグダウンします。

各ベルトで調整して、ペグダウンが必要な箇所はペグダウンします。
あっと言う間に設営完了です。
簡単設営の理由のひとつに、ヒルバーグテントはインナーテントとアウターテントを繋ぎ合わせ、ポールをその外側に設置してるので、ワン・ステップでテントが組み立てられるようにしてあるからです。
季節や環境に応じて、インナーテントとアウターテントを別々に使用することも可能です。

次のページ:設営したサイボを見ていきましょう

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 Pino

キャンプ、登山、ダイビング、仲間と様々なアウトドアを楽しんでます。みなさんにお役に立つ情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP