アウトドアシーンに最適なノースフェイスのおすすめリュック5選!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

テルス35


出典:Amazon

4つ目に紹介するリュックは、「テルス35」です。
先ほど紹介した「テルス25」と同じテルスシリーズのリュックでMサイズとLサイズの2つのサイズで商品展開しています。
テルス25に比べて少し大きいので、泊りがけのアウトドアイベントで活躍するリュックになりそうです。
それでは、テルス35のスペックを確認していきましょう。

商品名:テルス35(Tellus 35)
商品型番:NM61810
定価:¥21,060(税込)
寸法:(H×W×D)M:61×27×22cm、L:66×27×22cm
重量:M/1,310g、L/1,330g
原産国:ベトナム
容量:M/36L、L/38L

テルス35は、ブラック、アズテックブルー、ジニアオレンジ、ミリタリーウッドランドカモの4色から選ぶことができます。
これまで紹介してきたリュックに比べて少し大きめのリュックなので、1泊~2泊を想定している方におすすめのアイテムです。
テルス25と同様、トレッキングに必要な機能が充実した使いやすさ抜群のリュックです。

アウトドア初心者だけでなく、トレッキング経験豊富な方でも満足できること間違いなしですよ。

テラ65


出典:Amazon

最後に紹介するのは、「テラ65」というリュックです。
今回紹介する5つのリュックの中で最大の容量を誇るアイテムです。
かなり大きなリュックなので、数泊するような本格的な登山シーンでも活躍してくれるはずです。
それでは、テラ65のスペックを確認していきましょう。

商品名:テラ65(Terra 65)
商品型番:NM61902
定価:¥29,160(税込)
寸法:(H×W×D)S/M:60×34×27cm、L/XL:63×34×27cm
重量: S/M:1,842g、L/XL:1,956g
原産国:ベトナム
容量:65L

テラ65は、2つのサイズがあるので自分の体格に合わせて背負いやすい方を選ぶことができます。
カラーバリエーションは、ダークグレーヘザーとグリセイルグレーの2種類になっています。

65Lという大容量のリュックなので、日帰りでのハイキングや気軽なキャンプ、BBQを予定している方ではなく、本格的なアウトドアを考えている方におすすめのリュックです。
長時間歩くことを想定しているので、背負いやすく、左右童子調整可能なトップスタビライザーやチェストストラップ、ポールループなどの機能も備わっています。

本格的な登山に挑戦したいという方は、このテラ65の購入を検討してはいかがでしょうか。

リュック選びのコツ


画像提供:PIXTA

今回の記事では、色々なタイプのリュックを紹介してきました。
お気に入りのアイテムは見つかりましたか??

ここからは、まだまだリュック選びで迷っているという方のために、「リュック選びのコツ」を解説していきます。
リュックを選ぶときには次の3つの観点で比べてみてはいかがでしょうか。

サイズ

リュックをはじめとするバック選びのときに、最も大切になるのがサイズです。
使用用途に適したサイズを選ばないと、せっかく新しいリュックを購入しても意味がありません。
日帰りで軽いハイキングをしたいのか、泊りがけでキャンプをしたいのか、では必要な持ち物の量も全然違うはずです。
自分が何をしたくて、どれくらいの容量のリュックが欲しいのかを最初に明確にしておくことをおすすめします。

機能性

リュックの機能面も大切な判断材料です。
たくさん歩くことを想定しているなら、腰ベルトがあって固定されて歩きやすいリュックがおすすめです。
また、トレッキングポールを収納するスペースがあると便利かもしれません。

他にも、小物を入れるスペースがあるか、丈夫で壊れにくいか、というのも重要なポイントです。

値段帯

リュック購入にあたってだいたいの予算を決めておきましょう。
予算を決めれば、リュック選びの幅も自ずと狭まるので、選びやすくなるはずです。

ノースフェイスのリュックの場合は、サイズにもよりますが、おおよそ1~2万円台の商品が大半を占めます。
小型~中型のリュックが欲しい方は2万円弱を、大型のリュックが欲しい方は2万円~3万円を少し超えるくらいを予算として想定するのがベター。

最後は自分が気に入るかどうか

結局は自分が本当に欲しいと思えるかが大切です。
自分が背負いやすいサイズかどうか、デザインは自分の好みに合っているか、などといった観点で自分にピッタリのリュックを選びましょう。

まとめ

今回は、アウトドアにピッタリなリュックを5点紹介しました。
どのリュックも、ノースフェイスならではの高い機能性と優れたデザインを誇る商品ばかりなので買って後悔することはまずありません。

アウトドア用のリュックを探しているという方は、この記事を参考にしてみてください。

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP