アウトドアシーンに最適なノースフェイスのおすすめリュック5選!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

アウトドア用のバックには、たくさんの荷物を持ちながらも両手を自由に使うことができるリュックがおすすめです。
特に、機能性とデザイン双方が優れたノースフェイスのリュックはキャンプやBBQを楽しみたいという方にピッタリです。

今回の記事では、アウトドアシーンに最適なノースフェイスのリュックを紹介していきます。

ノースフェイスのリュックが人気な理由

アウトドアを楽しむときにはリュックが大活躍しますが、ノースフェイスのリュックは幅広い世代の方から男女を問わず強い人気を誇ります。
少し前に、四角いフォルムが特徴的な「ヒューズボックス」という商品が大流行したことも記憶に新しいのではないでしょうか。
世代を問わず多くの方がヒューズボックスを背負っていましたよね。

では、なぜノースフェイスのリュックがこんなにも人気なのでしょうか。
人気の秘訣3点をみていきましょう。

使いやすいから

まずは何といってもノースフェイスのリュックがとても使いやすいからです。
リュックを使う人にとって、どんなリュックが快適なのかを考えて作られているため、ノースフェイスのリュックは軽くて背負い構造になっています。

街中でよく見かけるノースフェイスの四角いデザインのリュックも、荷物を入れやすい形という視点からあのデザインが生まれました。

デザインが優れているから

ノースフェイスのリュックは、デザインも高く評価されています。
シンプルでかっこいいデザイン特徴的ですね。

リュックとしての機能性を維持したうえで、ファッション性も両立しているのだから人気が出るのも当然かもしれません。

ラインナップが豊富だから

ノースフェイスのリュックと一口にいっても、かなりたくさんの種類の商品があります。
豊富な種類があるからこそ、デザインやサイズなどが自分の求めているものにピッタリなリュックを探すことができます。

ただ、贅沢な悩みですが、種類が多すぎて選ぶのに困ってしまうというのがノースフェイスのリュックの数少ない欠点かもしれません。
そこで、今回の記事では、アウトドア用のリュックを探している方に最適なノースフェイスのリュックを紹介していきたいと思います。

アウトドアシーンに最適なノースフェイスのリュック5選!!

ここからは、機能性とデザイン両方が優れているノースフェイスのリュックの中でも特におすすめの商品を5つ紹介していきます。
日帰りで活躍する小型のものから、本格的な登山にも対応した大型のものまで、素晴らしいリュックを5点厳選したので参考にしてみてください。

ボストーク

出典:Amazon

最初に紹介するのは、ノースフェイスの定番アイテム「ボストーク」です。
こちらのリュックは30Lと手ごろなサイズなので、日帰りや一泊程度のアウトドアイベントでの使用に適しています。
ボストークのスペックを確認してみましょう。

商品名:ボストーク(Vostok)
商品型番:NM71900
定価:¥16,200(税込)
寸法:(H×W×D)51×30×17cm
重量:835g
原産国:ベトナム
容量:30L

ボストークは、30Lという大きすぎず小さすぎない容量で汎用性が魅力のリュック。
ブラック、ニュートープグリーン、アズテックブルー、インカゴールドの4色が展開されており、どの色もシンプルでかっこいいデザインです。
アウトドアだけでなく、街中でも違和感なく使用できるデザインが魅力的です。

メッシュポケットや小さいポケットも充実しているため、小物を収納する場所に困ることもありません。
通気性も優れているため、ボストークを背負ったまま長い時間歩いても快適に過ごせるはずです。
もちろん、トレッキングポール用の収納ループやウエストベルトなども備わっています。
また、ボトムが二重構造になっていて丈夫なのでキャンプやBBQ、トレッキングなどのシーンで持ち歩いても安心です。

日帰りのハイキングから、荷物少なめの一泊のアウトドアイベントまで幅広く使うことができるボストークは、リュック選びに悩んでいる方におすすめのアイテムですよ。

ジェミニ


出典:Amazon

2つ目に紹介するのは、「ジェミニ」というリュックです。
先ほど紹介したボストークに比べて少し小型のリュックなので、日帰りのハイキングなどに持ち歩くのにピッタリです。
それでは、ジェミニのスペックを確認していきましょう。

商品名:ジェミニ(Gemini)
商品型番:NM71901
定価:¥14,040(税込)
寸法:(H×W×D)47×28.5×15cm
重量:745g
原産国:ベトナム
容量:22L

ジェミニは、使いやすい大きさが魅力的な汎用性抜群のリュックです。
22Lというと少し小型に感じるかもしれませんが、日帰りのハイキングやキャンプ程度であれば必要な持ち物は十分入れられるはずです。
フロントの縦に開くポケットやメッシュポケット、サイドのストレッチメッシュポケットがあるので、小物を入れるスペースにも困ることはありません。
また、トレッキングポールを収納するためのポールループもあるので、トレッキングの際にも大活躍間違いなしです。

ジェミニは、日帰りで使う程よい大きさのリュックが欲しいと考えている方にとって、最適のリュックのひとつといえそうですね。

テルス25


出典:Amazon

3つ目のリュックは、「テルス25」です。
アウトドア初心者が安心して使える手ごろなリュックです。
それでは、テルス25のスペックを確認していきましょう。

商品名:テルス25(Tellus 25)
商品型番:NM61811
定価:¥17,280(税込)
寸法:(H×W×D)50×32×19cm
重量:1,030g
原産国:ベトナム
容量:27L

テルス25は、ブラック、アズテックブルー、ジニアオレンジ、ディープパワーパープル、ニュートープグリーン、ミリタリーウッドランドカモと6色から選ぶことができます。
ブラックやグリーンなどの落ち着いた色も良いですが、オレンジやブルーのような鮮やかな色を選んでみるのもおすすめですよ。

トレッキングシーンで使うことを想定したリュックなので、トレッキングに必要な機能は全て備わっています。
取り外しができるヒップベルトやポールループなど充実した機能性抜群のリュックでありながら、決してゴテゴテした印象は与えないシンプルなデザインのリュックです。

小型ですが見た目以上に収納力も高いので、日帰りのハイキングだけでなく一泊程度なら十分使うことができます。
また、デザインが優れているためデイリーユースでも問題はないでしょう。

アウトドア用初心者がとりあえず最初に買うリュックにピッタリなアイテムです。

次のページ:登山にも使える大容量

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »