コールマンのクッカーで美味しいキャンプ飯。特徴から使い方まで徹底解説!

TAKIBI編集部

キャンプでの大きな楽しみの一つといえば、キャンプ飯ですよね。普段と同じような料理であっても、キャンプで食べると格別に美味しくなります。キャンプ飯を作る際には、自宅で使っている調理器具を持っていってもいいのですが、パッキングで苦労してしまうことは少なくありません。ここでは、キャンプでの調理に便利なコールマンのクッカーについてご紹介します。

美味しいキャンプ飯を作るクッカーの選び方

キャンプ飯を美味しく作るためには、どのようにしてクッカーを選べばいいのでしょうか?確認していきましょう。

浅型&深型

キャンプで使用するクッカーの場合、大きく分けて「浅型クッカー」「深型クッカー」の2つに分けることができます。深型クッカーは、比較的コンパクトにパッキングすることができ、ガスカートリッジやバーナーを収納できたり、カップ麺を入れたりすることができるものが多い傾向です。

ただし、深さがあることから温度が全体に伝わるまでに時間がかかる点がデメリット。一方、浅型クッカーはバーナーの熱が当たる範囲が広いため、熱伝導効率が非常に高いです。そのため、火力の必要な炒め物や煮込み料理にも活用することができるでしょう。ただし、深型クッカーに比べるとコンパクトにパッキングしにくいというデメリットがあります。

素材

クッカーで使用される素材としては、次の3つがあります。

・アルミ
・ステンレス
・チタン

アルミ製のクッカーは、比較的価格も安いだけではなく、熱伝導効率も高いです。また、こげにくい点はメリットですが、強度が低い点はデメリットになります。ステンレス製は、強度は高いのですが、「熱伝導率が悪い」「重量が重い」「焦げ付きやすい」とったポイントがデメリットです。そして、チタン製のクッカーは高強度で非常に軽いのですが、熱伝導率が悪く価格も高くなりやすい点がデメリットになります。素材は、メリットとデメリットをしっかり押さえたうえで必要に応じて選ぶようにしましょう。

スタッキング

クッカーを選ぶ際には、スタッキング性能も重要となります。スタッキング性能が高いと、複数のクッカーをまとめたり、中にガスカートリッジやバーナーを梱包できたりして、パッキングがやりやすくなるという特徴があります。キャンプではできるだけコンパクトに荷物をまとめる必要があるので、スタッキングがどれほどのものか確認しておきましょう。

クッカー選びに迷ったら【コールマン】のクッカー

いざクッカーを購入しようとすると、有名メーカーからノーブランドのメーカーまで、実にさまざまなクッカーが販売されています。クッカーについて十分な知識がないと、どれを購入すればいいのか迷ってしまいますよね。そんなときは、コールマンのクッカーを購入してみてはいかがでしょうか。コールマンは、日本でも歴史の長いメーカーであり、多くのキャンパーが愛用しています。初心者にも使いやすいものが多いのでおすすめです。

次のページ:コールマンのおすすめはこれだ!

1 2 3 4

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP