【初心者必見】ユニフレームクッカーの特徴を徹底解説!

TAKIBI編集部

これからキャンプをはじめようとする場合、さまざまな道具を購入する必要があります。そのため、クッカーはついつい後回しにして、家で使っている調理器具を持っていきがちです。しかし、やっぱり専用のクッカーはとても使いやすいので、持っているとキャンプがとっても楽しくなるでしょう。ここでは、おすすめのユニユレームのクッカーをご紹介します。


Instagram:@irielifecamp

ユニフレームのクッカーをおすすめする理由


Instagram:@hayatongram.jp

ユニフレームといえば、初心者からベテランまで愛用者の多いアウトドアメーカーです。特に初心者におすすめする理由としては、コスパがかなりいいということです。値段が安いと聞くと、どうしても品質が劣っているのではないかと疑ってしまうものです。

しかし、ユニフレームは全体的に製品の品質がとても良く、ベテランキャンパーでも長く愛用していたり、買え替えのときにもユニフレーム製品を選んだりしているケースが多いのです。ユニフレームというと、ファイアグリルなどの焚き火台がクローズアップされがちですが、クッカーもコスパがよく優秀なアイテムがそろっています。

これから、キャンプをはじめるのであれば、安くて品質の良いユニフレームのクッカーがおすすめです。

全部まとめて小型収納!fan5シリーズの多彩な調理器具の特徴

出典:Amazon

ユニフレームのクッカーを購入するのであれば、「fan5シリーズ」がおすすめです。キャンプに行く際に、鍋など調理器具は非常にかさばるので、持っていくだけでも大変な思いをしていませんか。「fan5シリーズ」は、調理器具を一つにまとめることができるクッカーセットです。ライスクッカー、フライパン、大小の鍋、そしてバスケットの5つが1つに合わさっているので、非常にコンパクトになり持ち運びも簡単。

デッドスペースを少なくすることができるので、パッキングも非常に楽といえるでしょう。クッカーが複数あると調理の幅も広がるため、キャンプ飯をより楽しむことができます。「fan5シリーズ」では、「fan5DX」「fan5duo」の2種類のアイテム展開がされており、DXだと4~5人、duoだと2~3人と人数に合わせて選ぶことが可能です。それでは、実際にセットになっているものをそれぞれ確認していきましょう。

メッシュバスケット

メッシュバスケットとは、いわゆる「金ザル」です。調理を行う際に、野菜を洗って水切りをしたり、麺類をゆでたりしたときなど、あると非常に便利なのですが、ついつい持っていくのを忘れてしまうことが多いアイテムといえます。しかし、「fan5シリーズ」だと、セットとなっているので忘れることがないので安心です。

ライスクッカー

ライスクッカーは、文字通りお米を炊く際に使用するお鍋です。家だと自動炊飯器で簡単にお米を炊くことができますが、キャンプだとそうすることはできません。お米を美味しく炊くためには、火加減が非常に重要であり、間違えてしまうと芯が残ってしまい、美味しく食べられないですね。

このライスクッカーは、ふたに特徴があります。ちょうど良い日加減のタイミングで、カタカタと音を出して教えてくれます。そのため、「普段炊飯器以外でお米を炊いたことがない」という方でも簡単に美味しいご飯を作ることができるでしょう。また、お鍋はアルミ鍋ですが、フッ素加工が施されているのでお手入れをするのも簡単です。DXであれば、2~5号、duoであれば1~3合のご飯を炊くことができます。

フライパン

「fan5シリーズ」のフライパンは、シンプルながらもフッ素加工処理が施されているので、こびりつきが少なく、誰でも簡単に炒め物をすることができます。また、連続してフライパンを使いたい場合も、キッチンシートなどでサッと拭き取るだけで、洗わずにそのまま調理することも可能です。

キャンプなどで調理をする場合、水場が近くにないことも多いので、拭き取るだけで次の調理に行くことができるのはとても便利ですよね。キャンプのために開発されたフライパンであるといえるでしょう。ハンドルは取り外し可能なので、持ち運びの際にも邪魔になりません。

ステンレス大鍋

「fan5シリーズ」のステンレス大鍋は、耐久性の高い鍋です。DXであれば約5.5L、duoだと4.3Lなので、たっぷりの量を作ることができます。十分な深さもあるので、麺類をゆでる際もたっぷりのお湯でゆでることができるでしょう。キャンプの定番であるカレーも十分な量を作ることが可能です。また、本格的なローストビーフや煮豚などを作れば、豪華な食卓になり、インスタ映えにもなるでしょう。

ステンレス片手鍋

「fan5シリーズ」の片手鍋は、DXであれば約2L、duoだと1.8Lと非常に使い勝手の良い鍋となっています。ハンドル部分は折りたためるようになっているので、コンパクトにパッキングすることが可能です。また、調理の際にはハンドルを使って、そのままテーブルに持って行って、取っ手をしまえばそのまま器として活用することも可能です。スープを作ったり、ラーメンを作ったり、使い方は無限大に拡がることでしょう。

次のぺージ:ほかのユニフレームクッカーとの相性も抜群!

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »