素早く設営!子連れキャンパーにおすすめ!ルーフテントの魅力を紹介

この記事に関連するタグ

我が家で使用しているテントはアドベンチャーキングというオーストラリアのアウトドアブランドで、車の屋根に取り付けるルーフテントを使用しています。

テントは半分に畳んだ状態で格納されており、開くだけでテントが完成する商品です。上に2人、下に取り付ける前室(アネックス)に2人の4人用テントになります。まだ子供が小さい今はギリギリ上に4人で寝る事ができています。子供が大きくなっても前室(アネックス)を寝室にできるので将来性も考慮してこのテントを購入しました。

設営、撤収がとても簡単!

テント泊のキャンプでは到着したらまずテント、タープの設営になると思いますが、いかにスムーズに出来るかでキャンプを満喫できる時間も変わってきます。特に目が離せない小さな子供がいる家族は子供に気を配りながらの設営となり中々大変です。

しかし、ルーフテントに変えてからはそんな悩みがなくなり設営、撤収の手軽さが気に入っています!妻と子供が車に乗っている間に1人でサッと開いて設営完了です。

設営手順は
カバーを外す→開く→窓を開ける→ペグを打つ
これで終わりです!

下の前室(アネックス)を付ける場合はテント下部とジップで取り付けてからペグを打ちます。

通常のテント泊ではグランドシートとインナーマットまたはコットを準備しなくてはなりません。しかしこのテントの場合は地面に直接触れない為、地面の湿気や雨が降った時に下から浸水の心配なく、75mmのフォームマットレスも付属しているのでどちらも不要になります。

格納時はマットレスを敷いたまま畳めるようになっています。寝袋さえあれば宿泊できちゃいます!寝心地もかなり良好です!

簡単に設営できるため、デイキャンプもお昼から最低限の荷物を積んで気軽にできるようになり外で遊ぶ機会が増えました!

見た目がかっこよくいろいろな使い方ができ、楽しい!

 搭載している姿もワイルドな感じで気に入っています!

開くと迫力があり、かっこいい!

テントに登るという新感覚が大人も子供も楽しい!このテントのおかげもあってか息子は保育園でジャングルジムを誰よりも早く上手に登れるようになり、保育園の先生も驚いていました!(笑)

テント内からの景色も最高です!!通常のテントよりも高い位置にあるのでキャンプサイトからの景色がとても良いです。キャンプの最中はいつの間にか家族全員でテントを2階と呼んでいました。(笑)

前室(アネックス)の中の様子です。棚、机、椅子などを設置すればちょっとした部屋ができます!寒い時期や冷え込む夜、雨の日のキャンプなどに大活躍しています!

床面もジップ式になっており脱着可能なので海や入浴施設のないキャンプ場では簡易シャワー室なんかにも使えそうです!これから色々な使い方を試してみようと思います!

設置について!

テントの重量が約63kgと、かなりあるので専門業者での取り付けが理想ですが、自分は自宅で取り付けました。2人以上での作業が好ましいです。ルーフバーが2本あれば装着可能です!

ルーフラックでも装着可能です。

自分の場合、フラットタイプのルーフラックではないのでそのまま取り付けるとかなりの高さがでてしまいましたのでルーフラックにバーを取り付け装着しています。

気を付ける事!

・車の上に設置してあるので車乗り入れ可能なキャンプ場である事が必須。

・テントを設置すると車での移動ができないため買い忘れ、入浴施設の確認などに気を付ける。

・高さが出てしまう為、立体駐車場などの高さ制限の確認。

・展開時は木などに当たらないように場所を選ぶ。

・重さ、風の抵抗で車の燃費が落ちる。

これらの点には気を配ることになりますが、我が家は今のキャンプスタイルがとても気に入っています!

まとめ

ルーフテントに変えてからは、キャンプがより気軽にできるようになり妻や子供達にも好評で快適なファミリーキャンプライフを送れています!!!これからも色々な場面で活躍してもらいます!!!

設営を簡単にしたいキャンパーの方にはおすすめです!!!

アドベンチャーキングに限らず、他のブランドにも様々なルーフテントがありますので自分の好みに合った物を探されてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 fjnami

家族4人とFJクルーザーでゆる〜くかっこいいキャンプを目指して楽しんでます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP