出発前に知っておきたい!バーベキューでできる簡単レシピ

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

これからの季節は気温も上がっていき、避暑地へ遊びに行く機会も増えていくのではないでしょうか?
そんな時に必ず行いたいのがBBQですよね。
そこで今回はBBQ初心者の方や、コンロやギアなどを持っていない皆さんへ、コンロの種類の紹介と誰でも簡単に作れるメニューをご紹介したいと思います。

BBQコンロってどんな種類があるの?

バーベキューの主役といえば、バーベキューコンロですが、人数や目的によって使用するタイプは異なります。
一口にバーベキューコンロといっても、定番から個性的なものまで様々なタイプのコンロが存在します。これから大阪でバーベキューを計画しているという人は、まずはそれぞれの特徴を比較して、自分に合ったコンロを用意しましょう。
コンロの種類をいくつか紹介します。

スタンダードタイプ


Instagram:@jkaj_c

最もオーソドックスなバーベキューコンロといえば、四角いコンロに四つ足がついた、スタンダードタイプです。

足のついたコンロは自立できるので、テーブルから離した場所に設置することが可能です。
テーブルの上に載せる必要がないので、煙を気にせずに食事ができる上に、テーブルを広く使えるというメリットがあるのです。
小さい子供がいたり、大人数でバーベキューを行ったりするグループは、スタンダードタイプのコンロを使用しましょう。

卓上タイプのコンロ


Instagram:@natural.camp.yuka

少人数で気軽にバーベキューを楽しみたいという人におすすめなのが、卓上タイプのコンロです。

設置スペースも燃料も少なく済むコンパクトタイプなので、狭い場所でもバーベキューが行えます。
焼肉店のようにコンロを囲みたいという人は、卓上タイプを使用しましょう。
卓上タイプは一度きりの使い捨てグリルも販売されているので、コンロの片付けが面倒だと感じている人や、短時間でサッとバーベキューを楽しみたいという人は試してみてください。

多目的タイプのバーベキューコンロ


Instagram:@tsubasa.os

近年注目を集めているのが、煙突のついた多目的タイプのバーベキューコンロです。

ストーブのような形状で、コンロだけでなくオーブンやかまどとしての役割も果たします。
炊き込みご飯や煮物を作ったりと、通常のバーベキューでは味わえないような料理も作れるので、料理にこだわりたいという人は多目的タイプを使用してみてください。

焚き火台をコンロとして使用


Instagram:@fjnami

バーベキューだけでなく焚き火も楽しみたいという場合には、焚き火台をコンロとして使用するといいでしょう。

一度に大量に調理することはできませんが、少人数でゆっくりバーベキューを楽しめます。
座って暖を取りながら食事ができるので、ソロキャンプやカップルキャンプには最適だといえます。
バーベキューコンロ同様に鍋やダッチオーブンを使えるので、料理の幅が狭まってしまうようなこともありません。

次のページ:コンロの次は道具!

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP