キャンプも温泉も楽しめる!?よくばりキャンプサイト5選♪

この記事に関連するタグ

春から夏は天候も良く、アウトドアシーズンとしてもピッタリの季節です。家族や仲間、一人でキャンプなど楽しみ方も自由です。

最近はキャンプフェスなどのイベントを開催し、今までキャンプに興味の無かった人もキャンプを始めてみようとたくさんの人がキャンプサイトへ足を運ぶようになりました。

温泉があるキャンプ場の紹介!


Instagram:@kanazawa_yousuke

しかし、これからの季節のキャンプは女性なら特に気になるのは汗や臭いです。バーベキューを楽しんだ後は特に臭いが気になるという人も多いのではないでしょうか。
キャンプサイトによっては温泉やシャワー設備が完備されたところもありますが、中にはそういった設備が全くないという所もあります。体を綺麗にしないまま寝袋に入って寝るのはさすがに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。
キャンプも温泉も両方楽しみたいという方に、今大人気の温泉のあるキャンプ施設を紹介します。

とことん山キャンプ場

住所:秋田県湯沢市皆瀬新処106

まず1つ目は秋田県にある「とことん山キャンプ場」です。こちらのキャンプサイトの魅力は1年中楽しめる温水プールやスキー場が併設されており、アウトドアやスポーツを思いっきり楽しみたいという方にピッタリのキャンプサイトです。

いっぱい楽しんだ後は、大自然に囲まれ解放感抜群の露天風呂はいかがでしょうか。露天風呂料金は大人360円、小人は160円とリーズナブルな価格で入浴可能。お得な宿泊パック付きのコースもあるので、プランに合わせて利用することもできます。入浴のみの方はAM10:00からPM16:30までの利用になります。

フォレストパークあだたら

住所:福島県安達郡大玉村玉井 長久保68

2つ目は福島県にある「フォレストパークあだたら」です。電車のオブジェがあり大自然に囲まれたこちらのキャンプ場は、毎年たくさんの子供連れの方が足を運ぶことで人気です。

こちらの施設には内風呂、露天風呂、低温サウナ、水風呂の4種類があり、お風呂が対好きにはたまらない施設です。泉質は炭酸水素塩温泉で、湯冷めしにくくお風呂上がりの肌もつるつるになるでしょう。日帰り入浴の場合、12:00~21:00までの利用時間になります。

スプラッシュガーデン秩父

住所:埼玉県秩父市小柱326−2

3つ目は埼玉県にある「スプラッシュガーデン秩父」です。オートキャンプやバンガロー、デイキャンプなどに対応可能なキャンプ場で、自然に囲まれた7,000坪の広大な敷地が特徴で、川遊びをして楽しむことも可能。

ドッグランも施設内にはある為、ペットと一緒にキャンプを楽しむことができます。施設内には温泉があり、アルカリ性の湯でお肌もつるつる。美肌の湯ともいわれており、美容が好きな女性には嬉しい温泉です。特にこちらの湯は関東屈指の重層泉となっており、お風呂から上がった後も湯冷めしにくく、皮脂を分解して洗い流すことで肌にたまった汚れをやさしく取り除き、湯上りの爽快感が違います。営業時間は9:00~22:00で土曜日のみ22:30まで営業しています。


Instagram:@yukichi_eita

勝浦つるんつるん温泉直営オートキャンプ場

住所:千葉県勝浦市松野1126−2

4つ目はなんと温泉施設が運営しているキャンプ場、千葉県にある「勝浦つるんつるん温泉直営オートキャンプ場」です。こちらの温泉は神経痛や皮膚病に効果があると評判の温泉が運営しているキャンプ場で、毎週こちらの温泉施設に通う方も居るほど人気の施設です。

含重曹食塩水の泉質で、神経痛やリウマチにアトピーなどの皮膚病、婦人病などさまざまな疾患を緩和すると言われています。料金は大人800円、小人は400円で利用出来ます。湯上り後も湯冷めしにくく、さっぱり感が長続きします。

年中無休で8:30から夜の8:00まで利用することが可能です。キャンプ以外にも宿泊やお料理も楽しむことが可能です。

満願ビレッジキャンプ場

住所:埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3902−1

5つ目は埼玉県にある「満願ビレッジキャンプ場」です。秩父長瀞にあるキャンプ場で、テントだけではなくコテージや珍しいアメリカントレーラーハウス、テラス付きテントサイトなど様々なスタイルでキャンプを楽しみたいという人にぴったりのキャンプ場となっています。

満願の湯の隣に併設されたキャンプ場で、滝の傍にあり大自然を一望しながら入れる露天風呂、純和風の園庭が広がる落ち着いた雰囲気が魅力的な内風呂があります。きわめて高いアルカリ性温泉で、まろやかで肌当たりも柔らかく、飲める温泉としても知られています。単純硫黄泉で神経痛や疲労回復、慢性皮膚病など様々な症状を緩和します。

次のページ:知ってた?泉質の違い

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »